2016年度おすすめv系 速報

2016年度おすすめv系 速報

2016年度おすすめv系 速報 v系バンドとして日本で最も有名なのが「X JAPAN」だと思います。ベースのTAIJIの脱退、Toshiの宗教洗脳や、hideの事故死などバンドを取り巻く状況は様々だった事も有り、一時期はv系シーンが低迷してしまいました。「X JAPAN」が元気だった2000年までのv系バンドは、派手なメイク、派手な衣装に身をつつみ、とにかくヴィジュアルを重視にしたパフォーマンスを展開していました。実は、「X JAPAN」が登場するまでは、ハードロックやヘビーメタルのようなジャンルに分類されていた音楽ジャンルでもありました。

その後、「X JAPAN」が切り開いた市場に、LUNA SEAや黒夢、L'Arc-en-Ciel、GLAYが参戦し、一気にv系ブームになりました。特に1999年付近は、CDも良く売れていて、L'Arc-en-Cielが二枚同時アルバムを発売したりなどv系が最も元気な時代でした。SOPHIA、SIAM SHADEが人気の中でSHAZNA、PENICILLIN、PIERROT、Dir en greyなどが登場し、一気にシーンは活気づいていたのですが、人気のピークもここまでと行った感じで、2000年から2004年はv系シーンが、これまでLUNA SEAを踏襲したようなビジュアル系のバンドを量産したあおりを受け、最底辺まで落ち込みました。それと同時に、しっかりとオリジナリティの高い楽曲を提供していた他のv系バンドも2003年、2004年頃に相次いで解散しv系シーンは低迷していきました。

そんな悪い流れを変えたのが2005年以降に登場したシドやガゼットなどの新世代のビジュアル系バンドです。彼らは一度つまらないジャンルとレッテルを貼られた日本ではなく、より市場の大きなヨーロッパで成功を収めました。同時にインターネットが普及した事もあり、海外ユーザーがこぞってyoutubeなどでビジュアル系のバンドを聞き始めました。その為、AKBに代表されるアイドル全盛期の2010年以降にも、王道のビジュアル系の音ではなく、様々なジャンルの音楽を取り入れたミクスチャー系の音楽を取り入れたバンドや、デスボイスなどを得意にしているボーカルが増えて行きます。

その為、日本国内だけでなく、海外からの支持を受けるバンドが数多く登場しています。また、2016年の現在は、インディーズ業界もv系が大豊作となっております。そこでこちらでは、v系 速報と題しまして、今年こそ来るであろう若手ビジュアル系バンドを速報でご紹介します。今回の速報では、全部で4つのバンドを紹介しています。昔ビジュアル系を聞いていた方も、これまでビジュアル系を聞いたことが無い方もこちらの速報をチェックして頂ければ必ず気に入るバンドが出てくると思いますので、ぜひこちらの速報をチェックしてみてください。

最新投稿

  • [2016年11月28日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年11月28日]
    運営者情報を追加しました。